フローフシのthe まつげ美容液を使ってみたきっかけと口コミや効果

私は、フローフシTHEまつげ美容液を使っています。

使おうと思ったきっかけ

まつげ美容液を使おうと思ったきっかけは、ビューラーでまつげを挟み過ぎて、まつげが切れたことが始まりでした。

ビューラーのゴムも深く切れていたので、交換しなかったのが原因だと思います。

毎日メイクをしていますが、ある時マスカラが上手くつかない事がありました。

よく見ると右目のまつ毛の右半分が切れて2ミリくらいになっていたのです。

あまりに短くなり過ぎてマスカラが目に入ったりしました。しばらくはマスカラ無しで過ごしていましたが、まつげの長さは変わりませんでした。

さわると切れてるところは少し硬い感じがありました。つけまつげも考えましたが、そういくつも買えません。そこで娘からまつげ美容液を使いなよと勧められ、悩んだ末選んだのがフローフシTHEまつげ美容液でした。

今はいろいろなものが発売されていて、正直言って何がいいのかわかりませんでしたが、こちらのサイト「まつげ美容液 おすすめランキング」を参考にした結果、THEまつげ美容液を買ってみることにしました。

使ってみた感想と口コミ

この美容液は、透明でジェル状になっていて、匂いも強くありません。一瞬アルコールのような香りがしますがすぐに消えます。使い始めて3カ月くらいでしたか、「あっ!伸びてる」と感じました。

使用する時は、必ず寝る前、メイクを落として基礎化粧品を使ってから最後に塗って寝るようにしました。その方が伸びる気がしたので寝る前の1回にしていました。まつげの根元から目の周り全体に塗りますとしっとりしますがベタつきません。1回に使う量は米つぶくらいなので、2カ月はもちます(私の場合です)。今も毎日寝る前に塗っていますが、前より少しまつげが長くなったように思います。

目力を上げる方法

目力を上げる方法ですが、基礎化粧品の保湿クリームを塗る時、目の周りを念入りにマッサージをしています。これは昔通っていたサロンで習ったやり方を実践しています。

その方法ですが、まず目の下の外側から内側へなぞり、目の内側の上から外側へと一周します。割と強めに押しながら一周しましたら、こめかみまで押していき、こめかみから下へ首すじを通り鎖骨のくぼみへ押し流します。目の周りのリンパの流れを良くするマッサージです。

右半分を流す時は、左手でこめかみを押さえて右手でマッサージをします。左はその逆でマッサージをします。なるべく何かクリームを使った方がお肌を痛めなくて済みますし、クリームがしっかり目の周りにつくことで乾燥しません。

目の周りは10周くらい押しながらマッサージをし、こめかみからは2?3回流す感じです。毎日マッサージをすることで、垂れ下がった目じりが上がります。マッサージをしないと、鎖骨のくぼみに小さなプツプツとしたイボができてしまいます。

このマッサージの後に、アイクリームや、まつげ美容液を塗るようにしています。そして、私は目の周りだけでなく、顔全体のマッサージもします。小顔の効果も期待でき、目がぱっちりします。おでこは中心からこめかみに向かって5回くらい、手をぐーにして流し、頬は、親指のはらで鼻の横からこめかみに向かって10回くらい、顎は人差し指と中指を曲げて顎の線を挟んで耳たぶのあたりに向かって10回くらい流し、一気に首すじから鎖骨のくぼみに流すというやり方です。

これを毎日やっています。気になっていた二重アゴもスッキリしてきますし、口元の垂れ下がりにも効果があります。たまにですが、夫の顔のマッサージもやってあげてます。痛がりますが、老け顔が少しキリッとしますので人にやってあげるのもおススメです。

顔マッサージのタイミング

この顔全体のマッサージは、寝る前だけでなく、朝顔を洗った後や、メイク前にもやります。初めは痛いですが、慣れてきますと痛くありません。それはキチンとリンパが流れてる証拠です。

年齢とともに、まぶたが下がってきたり、口元がへの字になっていたので、頑張って毎日やるようにしてきました。おかげで、ほうれい線はそんなに目立たなく、目元のシワもあまりないと思っています。

また、ゴロゴロするような機械など試しましたが、長続きしないので自分の素手でマッサージが一番だと思っています。なるべく、化粧水ではなく、ジェル状のものかクリームがいいと思います。

化粧水は乾燥が早いので、お肌の滑りが悪いと思います。ジェル状のものかクリームだと乾燥が遅いので、滑りが良くお肌に負担がかからないと思います。目の周りをマッサージする時の注意点は、爪が長いと上手くできません。なるべく短めに切り、肌を傷つけないようにするようにしています。